医療過誤で被害に苦しむ方へ

パーツ

医療事故に遭った場合にはどうすればいいか

医療事故に遭った場合にはどうすればいいのでしょうか? 診療の経過を、最初に記録しましょう。実際の診療内容、看護師・医師の説明内容などについて、詳しく時系列にまとめて記録を作りましょう。看護師・医師の説明については、記録を言葉どおりにするといいです。

医師が診療した経過についての説明は、普通の人にはよく分からないため、イラストを医師に描いてもらったり、録音しておいたりすれば、後からのトラブルを防ぐことができ、自分で医学書やネットを利用して調べる場合にも便利です。診療した経過を時系列で記録すると、後から証拠保全の申立をしたり、弁護士に相談したりする場合にも役に立ちます。疑問点について整理できると、医師に対して患者側から説明を詳しく要求するといいでしょう。

医療事故かどうかはっきりしない段階において、責任を看護師・医師に追及すれば、上手く看護師・医師とコミュニケーションがとれなかったり、看護師・医師が訴訟ではないかと考えたりして、カルテに弁解的な訴訟を考えた記載をしたり、隠匿や改ざんをするリスクがあります。そのため、このような行為については止めましょう。

医療事故でお困りの方は、弁護士へ相談!

医師の義務として、診療行為や患者の病状などに関しては説明する必要があります。そのため、医学的に疑わしいことに関して、説明を具体的に要求することが患者の権利として大事です。

パーツ